文字 拡大 標準
配色

【相談】国際ロマンス詐欺に御注意ください!

【事例】

 画像専用SNSに花や風景の写真を掲載している人に「いいね」と反応したら、それ以降別の無料通話アプリでメッセージのやり取りをするようになった。その人は米国の駐イラク軍の軍医をしており、間もなく退役する予定だという。退役にあたり、軍から2億円をもらったので、当県で土地を購入して病院を建設する予定。2億円を入れた荷物を送るので預かって欲しいと言われた。その人は私のことを「かわいい妹」と呼び、身寄りがないため私を信頼してお金を預けるのだと思い引き受けることにした。

 その後、現金を入れた荷物を送ったが、現在荷物はトルコにあり、配送業者から保険料を支払うようにというメールが届いた。保険料は3日以内だと72万円、24時間以内であれば150万円を支払えば荷物を引き渡すという。そんな大金を支払うことはできないと返信すると、「臓器を売れ」と返信がきた。これは詐欺ではないか。

                          (50代 女性 給与生活者)

 

<センターの対応>

 相手は架空の人物で、恋愛感情を抱かせたうえで様々な名目でお金を振り込ませようとする「国際ロマンス詐欺」の手口であることを説明しました。幸いなことに、相談者は被害に遭わずに済みましたが、今後も同様の手口で相談者に接近してくる恐れがあることから、不審なメッセージやメールは詐欺だと思い、無視するよう助言しました。

 

<アドバイス>

 SNSやマッチングアプリなどインターネットで知り合った外国人と親しくなり、連絡を取り合ううちに送金を求められる「国際ロマンス詐欺」に関する相談が県内でも増加傾向にあります。被害に遭うのは50代が最も多く、80代からの相談もあります。相手は軍関係者や医師などを名乗ることが多く、多額のお金を持っており、近く相談者の住む地域に転居する予定なので荷物を受取ってもらいたいと持ちかけます。これを引き受けると、通関料や手数料が必要になったので立て替えて支払って欲しいと送金を依頼されます。お金持ちの外国人が「かわいい妹」などと甘い言葉でささやき、恋愛感情を抱かせ、断りにくい状況に追い込んでいく悪質な詐欺の手口です。

 インターネットで知り合った人物は、実在するのかさえわかりません。面識のない相手を安易に信用し荷物を受取る約束はしないようにしましょう。何らかの理由で手数料などの送金を求められても、絶対に送金してはいけません。ひとたびお金を支払ってしまうと、取り戻すことは極めて困難です。少しでもおかしいなと感じたら、お金を払う前に消費者ホットライン188に相談してください。

新型コロナワクチン接種に関する注意喚起「行政機関等をかたった”なりすまし”にご注意」<消費者庁ウェブサイトへリンク>

人気の家庭用テレビゲーム機などを販売しているかのように装う偽の通信販売サイトに関する注意喚起<消費者庁ウェブサイトへリンク>

架空請求業者名簿(令和2年10月)を更新しました

【相談】故人宛てに数珠を送り付ける手口に御注意ください

【事例】

 父親が亡くなり、地方紙朝刊のお悔やみ欄に掲載された。その亡くなった父親宛に数珠が入った封筒が届いた。封筒の中には「この度は弊社の商品をご注文いただき誠にありがとうございます。ご注文をいただいておりました商品を入荷いたしましたので、発送の手続きをさせていただきます。つきましては下記口座に商品代金12,800円(税込み・送料込み)をお振込みくださいますようお願い申し上げます。尚、お振込み手数料はお客様ご負担にてお願いします。」という文面と振込先が書かれた書面が同封されていた。父は、亡くなる数日前には入院し、その前の1年間は施設に入居していた。認知症の症状もあり、文字を書くことも困難だし、スマホや携帯も持っておらず、数珠を注文することは考えにくい。新聞のお悔やみ欄を見て送り付けてきたのではないか。どう対処すればいいか。                                                          

(40代 男性 給与生活者)

 

 

<センターの対応>

 送られてきた封筒や同封された書面には、業者名と住所が書かれていましたが電話番号の記載がなく、センターでも業者名を手がかりに連絡先を探してみましたが見つけることができず、事実確認をすることはできませんでした。

 しかしながら、相談者が言うとおり、長く施設に入居していた高齢者が自ら何かを注文することは考えにくく、お悔やみ欄を悪用した「送り付け商法」の可能性が極めて高いと考え、相談者に対し、14日間保管し、その間に相手方から商品の引き取り請求などの連絡がなければ自由に処分して構わないことを説明しました。

 

 

<アドバイス>

 あたかも亡くなった方が注文したように装い商品を送りつける手口とみられます。県内で同様の相談が10月14日から20日までの間に9件寄せられており、概ね同時期に地方紙のお悔やみ欄に掲載された人宛てに送られたものでした。このことからも、お悔やみ欄に掲載された情報を悪用した新手の「送り付け商法」であることがわかります。

 万が一遺族が、お金を支払ってしまっても、業者の所在が不明なので、返金を求めることは極めて困難です。同様の手口は今後も発生する可能性がありますので、亡くなった方宛に何らかの商品が届いても、すぐにお金を支払うのはやめましょう。送り付け商法とみなして、14日間保管のうえ、その間に相手から引き取り等の請求がない場合は処分して構いません。少しでも不安な場合は消費者ホットライン188に相談してください。

注文していないのに海外から植物の種子が送られてきた場合の対応について

注文していないのに海外から植物の種子が送られてきた、という相談が寄せられています。外装に植物検査合格証印のない種子が海外から届いた場合は、最寄りの植物防疫所に相談してください。また、代金の請求を受けたなどトラブルに遭った場合には、すぐに消費生活センターに相談してください。

 

〔参考サイト〕

国民生活センター

「注文していないのに海外から植物の種子が送られてきたという相談が寄せられています」

 

青森県農業情報サービスネットワーク APPLE NET

「海外から注文していない植物が郵送された場合の対応について」

 

【青森県内の植物防疫所の連絡先】

 ○横浜植物防疫所塩釜支所弘前出張所
  〒036-8207 弘前市大字上白銀町5-6 弘前第1合同庁舎内
  電話0172-36-0789

 ○横浜植物防疫所塩釜支所八戸出張所
  〒031-0831 八戸市築港街2-16-1
  電話0178-33-5424

国民生活センターの公式SNSをご活用ください

独立行政法人国民生活センターでは、消費者へ生命・身体・財産等に係る注意喚起情報等について、より早く、より広く伝えるため、ソーシャルメディアの公式アカウントを取得して情報発信を行っています。ぜひご活用ください。

 

国民生活センター「公式SNSについて」

国民生活センター公式Facebookページ(Facebook)

国民生活センター公式Twitter(Twitter)

国民生活センター公式LINE(LINE)

 

デジタルプラットフォーム事業者が提供するショッピングモールサイトにおける偽ブランド品の販売に関する注意喚起<消費者庁ウェブサイトへリンク>

感染症に関連した消費者トラブル回避のために<消費者庁ウェブサイトへリンク>

【相談】宅配便の遅配トラブル

【事例】

 新聞の折り込みチラシで知った運送業者に依頼して、りんご1箱と野菜等の詰め合わせ1箱の計2箱を県外の友人宅へ贈答用として送った。いつ頃の到着になるか、運送業者に尋ねると、「荷物が混んでいるため、普段より1~2日ほど日数がかかると思って欲しい」と言われた。

 しかし、発送から4日、5日と経過しても友人から連絡がなく、少し不安になってきたところ、ようやく発送日から8日が経過した昨日、友人から「りんご1箱が届いた」と連絡があった。運送業者は、「1箱だけの預かりだった」と言っていたという。

同じ日に、同じ宛先に2箱の発送の依頼をし、伝票の控えも2枚あるのに1箱しか届かないというのはおかしい。しかし、運送業者にいくら電話をしても誰も出ず、確認することができない。どうしたらいいか。

                          (70代 女性 家事従事者)

 

<センターの対応>

 消費生活センターから業者に電話し、荷物の配送状況を確認したところ、「配達先の担当店に到着の記録があるため、本日配達される予定となっている」ということでした。

 その後、友人から相談者に「荷物が到着した」という連絡がありましたが、配送までに10日ほど経過していた影響か、野菜の一部はしおれていたということでした。

 センターから業者に、なぜ同時に発送した荷物が別々に届くのか確認すると、「トラックの配送状況によるもの」という曖昧な回答でしたが、日数はかかったが荷物が届いたので終わりにしたいという相談者の意向から、センターのあっせんは終了しました。

 

<アドバイス>

 新聞の折り込み広告で見た業者に、荷物の発送を依頼したが、10日以上経っても荷物が届かず、業者に問い合わせても「調べて回答する」と言ったまま何の連絡も来ず、こちらから電話をしても電話に出なくなったなどの苦情が増加しています。

 過去に同じ業者に依頼した際はすぐに荷物が届いたので、大丈夫だと思って再度依頼したというケースもあり、遅配が頻発する業者を見分けることは困難です。また、「送料が他の業者より安かった」という理由で依頼した方も多数を占めていました。

 一般的に、大手宅配業者に依頼すると、当県から首都圏などには翌日または翌々日までに配達されます。そのため、配達予定日に注意を払うことなく、業者に荷物を引き渡した翌日くらいには届くだろうと安易に考えてはいないでしょうか。

 遅配によるトラブルを防止するには、荷物の「配達予定日」を必ず確認して、送り状に明記してもらいましょう。これを拒むような業者には依頼しない方が無難かもしれません。

 安さだけにつられて大きな失敗にならないよう、日頃から業者の信用性を情報収集するなどして、トラブルを未然に防ぎましょう。

青森県消費生活センター 土日祝日も相談受付中! 017-722-3343

●相談受付時間/平日9:00~17:30 土日祝日10:00~16:00 ●休日/年末・年始
〒030-0822 青森市中央三丁目20-30 県民福祉プラザ5階

上部へ 戻る