文字 拡大 標準
配色

【相談】アダルトサイトのトラブル解決をうたうサイトにご注意を!

【こんな相談がありました】

 アダルトサイトの画像を開こうとして「18歳以上」のアイコンをタップしたところ、突然登録完了画面が表示され、高額な登録料金を請求された。本当に支払わなければならないかの相談しようと思い、インターネットで「青森県消費者センター」を検索し、検索画面の一番上に表示されていたサイトを開いてみた。そのサイトでは、「消費者専門ダイヤル」、「相談無料」、「安心解決」などと謳われていたので、公的な機関に違いないと思い、すぐに電話で相談した。すると「このままでは、この業者から電話が入り、法外な料金を請求されるかもしれない。そうならないように、解決してあげる。ただし、54,000円の料金がかかる。」と言われたので、解決してもらうために料金がかかるのは仕方ないと思い、解決をお願いすることにした。数日後、相談先から契約書が郵送されたので、署名して返送しようと思ったが、書面に相談先の連絡先がなく、まるで、探偵事務所のように「調査する」と書かれていることも腑に落ちなかったので、署名をためらっている。この相談先は、本当に公的な機関なのだろうか。

                             (60代 男性 自営業)

 

<センターの対応>

 相談者から契約書をFAXで送付してもらい内容を確認したところ、①相談先は公的機関ではなく、探偵事務所であること、②契約書に記載されている契約内容は企業調査や所在調査の依頼であり、トラブルの解決に関するものではないことが分かりました。

相談者に対し、上記2点を伝えるとともに、探偵事務所が契約上のトラブル解決することは法律上できないことを説明したところ、相談者は契約の解除を希望したため、センターから探偵事務所に相談者の意向を伝え、契約は解除となりました。

 相談者には検索サイトの検索結果の上位にあるからといって必ずしも信頼できるとは限らないこと、検索結果の横に「広告」と表示されていることもあるので、今後、インターネットの情報を収集する時は十分注意するよう助言しました。

 

<アドバイス>

 アダルトサイトなどで高額な登録料金を請求され、不安に感じた消費者が、インターネット検索でトラブル解決を謳う事業者を見つけて解決を依頼したにもかかわらず、トラブルが解決しないという相談が多数寄せられています。

 この事業者はあたかも実在する公的機関のような名称を使用し、『経験豊富な専門家があらゆるトラブルを迅速に解決します』などと謳っていますが、その実態は探偵業者であり、アダルトサイトの事業者に関する調査はできても、トラブルの解決に関する業務を行うことはできません。

 

(1)困った時は、公的機関の相談窓口に相談しましょう。

 消費者ホットライン ☎188 に電話すると、最寄りの消費生活センターにつながります。

 もし、インターネットで相談窓口を検索する場合は、検索結果の上位のサイトだけを見るのではなく、いくつかのサイトを見比べて公的機関の相談窓口かどうかを判断しましょう。なお、消費生活センターの名称には「○○県」、「○○市」などの自治体名が必ず含まれています。

 

(2)アダルトサイトなどのトラブル解決を謳う事業者への依頼は慎重にしましょう。

 探偵業者が行うことができるのは「調査」のみです。返金交渉などの法律事務は弁護士等の資格がなければ行うことができません。また、探偵業者が都道府県の公安委員会に届け出をしているからといって、公安委員会がその業者の信用性等を保証しているわけではありません。

 探偵業者との契約において、消費者が自分から電話やメールをして申込みをする場合、クーリング・オフは適用されません。ワンクリック詐欺でお金を支払い、さらに探偵業者に調査料を支払っても解決せず、結果的に被害が拡大しただけという事例も少なくありませんので、トラブル解決を謳う事業者への依頼は慎重にしましょう。

青森県消費生活センター 土日祝日も相談受付中! 017-722-3343

●相談受付時間/平日9:00~17:30 土日祝日10:00~16:00 ●休日/年末・年始
〒030-0822 青森市中央三丁目20-30 県民福祉プラザ5階

上部へ 戻る