文字 拡大 標準
配色

【相談】公営住宅入居者を狙った訪問販売に御注意ください!

こんな相談がありました

公営住宅に他県ナンバーの車に乗った数名の男がやってきて、全世帯に「注文書」と書かれたチラシを配布している。注文書には、「この住宅には網戸がなく、各自で用意する必要がある。」「当社はオーダーメイドの網戸を扱っており、まとめて注文を取ることで格安の値段で提供することができる。」など、安く提供できることが謳われているが、一方で、「この網戸はオーダー品のため、受注後のキャンセルは受け付けない。」とし、クーリング・オフを認めない旨記載されている。

この業者は一人暮らしの高齢者宅を訪問し、網戸のほかにも物干し竿や蛍光灯、換気扇フィルターなどの様々な商品を販売しており、中には断りきれず、契約をしてしまった高齢者もいる。

契約をした高齢者は、業者から契約書を受け取っておらず、注文書の一部を切り取ったものを控えとして渡されただけとのことであった。                                                                                                                               (相談者:60代 男性)

 

当センターの対応

相談者の協力を得て、既に契約してしまった高齢者の手元に残っている注文書の写しにより、訪問販売の契約であることを確認しました。訪問販売の契約ではたとえオーダーメイドの商品でもクーリング・オフが可能であることから、センターから相談者にそのことを説明し、相談者が既に契約した高齢者にその旨を伝えたところ、クーリング・オフをすることになり、契約金は全額返金されました。

 今回の事案を踏まえ、センターでは、高齢者が今後も同様の被害に遭わないよう、地域の自治会など、高齢者と接することの多い者による見守りに加え、何かあった場合は消費生活センターにつないでもらうようお願いしました。

アドバイス

特定商取引法に基づく訪問販売では、契約時に、契約内容等を記載した書面を交付しなければならず、また、オーダーメイドの商品であっても、契約書を渡された日から8日以内であればクーリング・オフ(無条件解約)をすることができます。

今回の事例のように、契約した消費者に契約書面を交付せず、また、クーリング・オフの申出を行った消費者に「クーリング・オフはできない。」などと不実のことを告げて契約の解除を妨げることは、特定商取引法により禁止されています。

少しでも不審に感じた場合や、業者の実態や契約内容がよく分からない場合は、一人で判断せず、家族や周りの信頼できる人に相談しましょう。また、必要がないものであれば、玄関前ではっきり断りましょう。

もし契約をしてしまった場合でも、諦めずに、早めに消費者ホットライン(☎188)か県消費生活センター(017-722-3343)に相談してください。早く相談するほど、スムーズに解決できる場合があります。

  消費者ホットライン  ☎(局番なし)188(いやや!) 

  (お近くの消費生活センターにつながります)

青森県消費生活センター 土日祝日も相談受付中! 017-722-3343

●相談受付時間/平日9:00~17:30 土日祝日10:00~16:00 ●休日/年末・年始
〒030-0822 青森市中央三丁目20-30 県民福祉プラザ5階

上部へ 戻る